共働きが多い現代にとって必要な学童。それには種類があります。まず、学校の授業が終わった後に学校に残るケース、移動することもなく学校の中で宿題をしたり遊んだりして過ごします。しかし、場所が学校というだけあり、17時ないし、18時迄しか残れません。次に自治体などが運営するケース。こちらは、学校から移動し、近くのホールや民家などで行われています。こちらはおやつが出るところもあり遅くても19時頃までです。そして需要があるのが民間のケース。こちらは時間も内容も幅広い。習い事までさせてくれるところもあります。仕事でお迎えの時間が遅くなっても心配いりません。しかし、料金が高いのが最大のネックではないでしょうか。働いてるのに学童に払うお金で少ししかプラスにならないなどよく聞く話です。専業主婦よりも働くお母さんが多い今の時代だからこそ、この民間の学童に国や自治体が協力してくれるように願います。

子供に相応しく安心な学童

現代社会におきましては、大半のご家庭が、夫婦共働きの様に見受けられます。まだ、子どもがいらっしゃらないようで有れば、何も問題は無いのですが、子どもが産まれ成長するごとに、色々悩みや、問題なども生じてくることは仕方のないことだと思われます。共働きの場合ですと、まずは、出産後に保育園を探さなければならないという問題に直面することになると考えます。何とか入る事が出来て、卒園になり、次は、小学校入学となります。そこで、まだ小さいお子さんには、放課後の一人でお留守番は少し心配になってきます。そこで、学童への入所を希望される方が多いと思われます。3つのタイプがあり、昔からある学童クラブと、放課後子供教室と、学童保育とがあります。内容には、多少違いががあるようで、良し悪しもあるようです。調べて子供に望ましい場所を選ぶ必要があるように感じます。

学童のここが良いというポイント

お子さんを学童に預けていると、自宅にお子さんを1人で残すことがなくなるので、お子さんに寂しさを感じさせなくて済むのが学童の魅力的な部分です。放課後に友達と遊ぶのが習慣付いているのならそこまで心配でもありませんが、ここでは指導員が付いているため、宿題などもきちんと進められます。よって、夜に慌ててお子さんが色々と考えなければならないという心配が減ることに繋がります。学童には最低2人は専門の資格を所持している指導員さんが常駐されているので、きちんと面倒を見てもらえ、信用出来る環境にあります。ただし、お子さんによって合うケース合わないケースが考えられます。お子さんの様子を日頃からきちんとご家庭で見て、今後どうするかをその都度検討していくことも大切です。ご家庭で育てる時間がある時は精一愛情を与えてあげて下さい。