昨今に於きましては、児童世代の子どもを持つ親が、共稼ぎの家庭が多くなっていますが、ニュースや報道などを見ていましても、子どもを狙った悪質な犯罪も増えており、親の仕事が終わるまでの間の時間帯に、自宅に一人にしておく事のリスクを考慮し、放課後の子どもの、安全環境の確保の方法としまして、学童保育というシステムは、非常にその需要が高まっています。そんな中に於きまして、特に働く主婦の方々が仕事を続けて行く為に、朗報となった出来事としまして、2015年の4月から児童福祉法の内容が改正となりまして、学童保育の対象児童が、それまでは小学3年生まででしたけれども、小学6年生まで拡大されたという、トピックスが挙げられます。ただ、自治体によっては対応し切れていないケースもありますので、どの様な状況か確認する必要性があります。

学童の活用とメリット

学童ということでは、子供を預かるということで、子育ての親には助かりますが、公的なところから私的なところまでいろいろあり、メリットやデメリットがあるので、その点は、よく調べて、それぞれ利用する必要があります。公的なところから民間などの私的なところまで、色々な学童があり、どの方法で利用できるかということを調べておく必要があります。公的な場合には、費用は安いですが、条件があり、預かる時間も少ないということで、もう少し考えてほしいということもあります。民間の場合には、時間も長く食事や宿泊ができる場合もあるので便利ですが、その分使用が高くなるということもあります。夜預かってくれるというのがメリットですし、条件もあまりないということでも、現実的には民間のところが使いやすいということになります。色々な施設があるので、選び方が重要になります。

学童保育の問題点と使い方

学童保育では、問題点もいろいろあります。例えば地域差です。自治体によって学童保育の充実度が違うということです。親の負担も違ってくるということで、全国的に水準を切り上げる必要があります。平均して利用できるようにするということが必要です。また、公的な学童クラブなどでは、夜の時間が問題になります。共働きなどの場合や親がひとりなどの場合でも、最長7時までしか預かれないということで、仕事で遅くなる場合には、対処できなくなります。その場合には、民間のサービスを利用しなければなりませんが、民間では、非常に良いサービスになっています。しかし、費用面でゆとりがないと活用できないということになります。それでも教育費が大変な子育てですので、それ以上にお金もかかるということになります。例えば国が助成してくれるとかの援助が必要ではないかとも考えられます。