自治体が営業していたり、民間が行っていたり、学童には様々な形があります。他にも、学校の授業後に空き教室を利用して行っているところもあります。それぞれの特徴を知り、より自分にあっているところを選ぶことが大事です。学校で行っている場合、終了時間は他に比べて早いです。しかし、料金は無料である場合が多いです。自治体が営業している所では、土曜なども預かってくれる所が多いです。料金は発生しますが、学校よりは長時間子供をみてもらうことができます。民間では、金額が高くはなりますが、サービスが充実しています。預かると同時に、習い事を子供にさせてくれたり、宿題をするように促してくれ、学習面でも安心ができます。学童は共働きの家庭を支えてくれる存在であり、大きな助けになります。大事な子供を預ける場所を、しっかりと考え、選ぶことが重要です。

3つに分けられる学童保育

学童保育といってもいろいろある様ですが、大きく3つに分けることができます。一つ目は、自治体などが運営している昔からよくある保育施設です。小学校内で、または児童館などに併設されている場合が多く、校庭などの屋外施設があるのがメリットと言えます。2つ目は、放課後の子供教室です。こちらは公立の小学校がに通っている子供たちを対象に、放課後に一部の教室を開放しているタイプです。ほぼ無料となっているのが魅力です。さらに3つ目が民間の児童保育です。こちらは、最近人気のお稽古事などが組み込まれたタイプの保育施設です。夕食などの食事サービスもつき、時間延長も可能となっているので、お仕事の帰りが遅い保護者の方々に最適です。様々なタイプの保育施設がありますが、お子様を預ける際は、ご予算、通学、保育時間帯、などに合わせて検討してみると良いでしょう。

学童保育はとても安心できる場所

働く親にとって子供を一人留守番をさせるのはとても不安なことです。そこで今は学童があります。そこで小学1年生から3年生までの子供が入る事ができるようになっています。だいたい月に4000円から8000円ぐらいのお金を払うようになっています。そこでおやつ代も含まれているし、兄弟だと半額になっています。子供たちが夕方6時ぐらいまで親が迎えに来るまでそこで友達と遊んだりして過ごしています。多くの子供たちが利用しているから学校が終わってからとても楽しく過ごせる場所になっています。一人で家にいると親はとても心配になってしまいます。何かあったら困ってしまうから安心できるためにも学童はとても便利な場所になっています。子供のことが心配で働けなくなると困るから安心できるためにも通わせると便利です。土曜日も利用することができます。